当事者の方へメッセージ

HOME > 当事者の方

ひきこもり等の生きづい状態からの快復には、<
「人薬」(人との出会い・つながり)×「時薬」(出来ることから一つずつ時間をかけて)が必要です!
   ~私たちと一緒に、自分らしい生き方を模索しませんか~

当ホームページにアクセスしていただき、有難うございます。
「学べない」、「働けない」、「他者とうまくやっていけない」といった日常生活を送るうえでの生きづらさ等を抱え、しかもそれが、自分の能力や努力不足等から来ていると考えている、また自分は年を取りすぎてしまったからもう社会復帰は無理だと諦めてしまっているご本人は、少なくありません。

しかし、本当にそうでしょうか。
当会は、生きづらさを抱えたご本人の快復には、人薬(人とかかわること)、「時薬」(出来ることから一つずつ時間をかけて)が必要であり、「働いて自活する」という点に限定する生き方ではなく、「自分らしい、望む生き方」を探すお手伝いを住み慣れた地域にある地域家族会を通じて、していきたいと考えています。

私たちと一緒に、自分らしい生き方を模索しませんか。 お問合せお待ちしています。

本HPは、第47回 2016年度 公益財団法人 三菱財団社会福祉事業・研究助成で開設しました。